季節の顔、美しい花々

日本人は、神や仏に対する信仰心などから、花を生けてきたなどと考えられています。花を生けるということが、皆さんの生活を彩るという行為に変化し、最近ではフラワーアーティストやフラワーデザイナーなどといった華やかな職業も注目されつつあります。

花を生けることは、誰にでもできることですが、芸術的にフラワーアレンジメントを行うということは、それなりの知識や経験が必要となってくるようです。

日本の文化の中での「生け花」は、女性の芸事の一つなどとして定着していましたが、最近では、ユニークな輸入花などもフラワーショップなどで多く見かけるようになり、様々なフラワーアレンジメントの世界が広がりつつあります。

生け花は、季節の顔であるなどと言う事を述べた人々もいましたが、私たちは生け花を前にすると自然との対話などを、求めているのかもしれません。古来の人々が花を生けたように、現代人も花を身近に置くことで、何かしら心の安堵や、安らぎを求めているのでしょうか。

–Ayamechan華のMiti~Waの心で生ける~ のトップへ–