花材の切り分け

生け花を行う前には、それぞれの花材に適した、下処理があります。下処理が済みましたら、花材の切り分けという作業が次にあります。これは、皆さんが思い描いたイメージ通りのアレンジメントを行うために、花材を切り分けていくという作業になります。

例えばつぼみのたくさんついている花材であれば、必要なつぼみだけを残し、その他は取り除くというような作業になります。

全てのつぼみをキープしておくと、実際に全てのつぼみには栄養が行きづらくなり、お花が綺麗に咲かないというような結果になってしまう可能性がありますので、必要な花だけをキープし、選んだその花を綺麗に咲かせるというような作業を行います。

また、花材を、茎を分類させ、栄養や水が上がりやすくさせるといった効果もあります。このカットは、フラワーデザインとともに、花が美しく咲くための下処理というような流れ作業になりますので、経験値や知識が必要となってきます。

–Ayamechan華のMiti~Waの心で生ける~ のトップへ–