花留め

花留めには様々なタイプのものがあります。皆さんがよくお使いの吸収性スポンジなどもその一つになります。

●「剣山」・・・剣山は、花留めの代表格などと言われるものです。枝の太いものを固定したり、浅めの花器などを使用する際に、足元が洗礼され、綺麗な状態に保たれます

●「ラフィア」・・・天然素材でできています。水にも強いというような特性があります。プロのフラワーアーティストをなどがよく使う素材です

●「輪ゴム」・・・比較的手に入りやすい材料ですので、最もポピュラーな花留め。カラーゴムなどで、多彩な表情を楽しみましょう。

●「吸湿性スポンジ」・・・吸収性フォーム、オアシスなどとも言われています。多彩なカラーバリエーションが人気です

●「枝」・・・一文字、十文字など、オリジナリティ溢れる花留めとして人気です

●「ワイヤー」・・・自由自在に曲げることができる大変有能な材料です「花止め」はフラワーデザインには、なくてはならない存在です。基本のテクニックとして身に付けましょう。

–Ayamechan華のMiti~Waの心で生ける~ のトップへ–