温泉リゾートで癒されたい人たち

日本人にとってはリゾート感の強い「温泉」ではありますが、海外の方々にとっては温泉とは「治療」であるといったようなイメージも持たれているようです。

最近では、都会などでもスーパー銭湯などを利用される方が増加しつつある中で、多くの人々がストレスの解消のために温泉地を利用されているのだということがなんとなく窺い知れるような状況でもあります。

日本は温泉大国などとして世界でも知れ渡り、日本の歴史上におきましても日本書紀などに温泉の記述が見つかっているようです。

温泉に限らず、入浴による健康効果は様々な研究者たちによって語られておりますが、皆さんも日頃から抱えている眼精疲労、肩こり、腰痛などを緩和させるために、温泉地へ出かけることなどもあるのではないでしょうか。

温泉は体の不調だけではなく、精神的な不調も緩和するなどとも考えられております。

さらに、温泉地などではマッサージや整体などの施術を同時に受けることでリラクゼーション効果が高まり、温泉地の豊かな自然などに触れることもにも心身への癒し効果があると考えられております。

日々の生活のなかで疲れてくると「温泉に行きたい」というのは、人間の正しい摂理であるようですね。

お休み前の準備を考えよう

腰痛などの体調不良を慢性的に抱えている患者さんの睡眠の質は、低下傾向にあると考える専門家たちもいるようです。実際には慢性的な体調不良を抱え込まないような質の良い睡眠とはどのようなものになるのでしょう。

そこで皆さんが毎日の生活のスケジュールのなかで、お休み前に行っているルーティーンなるものを思い出してみましょう。何時ころに夕飯を済ませて、何時ころにお風呂に入り、就寝の準備をなさいますでしょうか。

さらにはお部屋の状況として照明の明るさやお部屋の温度などを思い浮かべてみましょう。またお風呂に入られる際のお湯の温度の設定は何度になさっていらっしゃいますでしょう。良い睡眠で慢性的な体調不良をリセットするためには、就寝前の準備がポイントとなるとも言われているようなのです。

ヨガの起こり

「ヨガ・ストーラ」の内容を簡単に言うと、物質はその中に精神を包含するもので、物質(肉体)の中に精神が宿り、それを自己認知させその素晴らしさを知らしめる事がその任である、というものです。つまりヨガというのは、1人の人間の肉体だけでなく精神(魂)をも併せて捉え、それらすべてを向上させ調和させていく包括的な修行体系であると説いたのです。初期のヨガ行者は、知性の高い科学者のグループであったと言われています。夏でも雪に覆われたヒマラヤのふもとで、厳しい大自然と向き合い、生きていく為には、「死」という現実にも向き合わなければなりません。死ぬ宿命を持った肉体と、欲望に振り回される心を持った人間がどのようにしたら救われるのか、肉体と精神(魂)、罪悪と苦悩、小さな自己と大宇宙との関係、そしていかに自然の摂理に従って生きていくのかという事を徹底的に研究したのがヨガだったのです。

「ストレスのすすめ」

最近、「ストレスのすすめ」といったような特集を目に致しました。日頃から、多くのストレスを感じている人達は、どうしても不安やストレスを避けがちですが、ストレスは、意識すればするほど、かえって強く意識してしまい、その圧力が、さらに自律神経の乱れなどを招いているそうなのです。

ストレスを軽減するためには、ストレスにきちんと向かい合い、そこで、あえて、ストレスを感じ、ストレスをじぶんなりに受け止めることで、ストレスの重圧が弱まるのだそうです。人間は、ストレスを感じますと、全身の筋肉が緊張し、その緊張感が肩こりや、首のこり、腰痛などの体調不良として現れてくることが多いのだそうです。

ストレスは、自律神経のバランスを崩すなどと言われていますが、かえってストレスから逃げてしまうことで、自律神経の乱れを招いてしまうようなのです。自律神経のバランスを整えるためには、あえてストレスに向かい合い、その重圧を軽減する必要があるそうです。

綺麗な立ち方

立つ際はお尻などもつき出てしまわないように、肛門に力を入れ引き締めるような形で、直立してみましょう。

正しい姿勢でいることというのは、やはり意識しなければ難しい面もありますので、日頃からそのような意識づけを行っておくことで、無意識に行動をしている時の姿勢が、常に正しい姿勢を常に保つことができるというような訓練を行うことです。姿勢が悪い方も。正しい姿勢で動作を行うことができるクセをつけましょう。

現在、姿勢の悪い方は、姿勢の悪い立ち方座り方が、クセとなっているのかもしれません。また、自分の意識だけでは、姿勢を正すことが難しい方などもいます。

肩こりや、腰痛などが長く続くようであれば、身体的なバランスに何か問題が起きている可能性もありますので、不安な方は、専門的な外来の受信などを行ってみましょう。

ヨガでココロをほぐす

ヨガを行うなかで、多忙な日常の生活に乱れた呼吸を整えながら、身体のウィークポイントをみつけてみましょう。カラダのウィークポイントは、皆さんにとってはパーソナルなものですので、同じヨガのレッスンを受けているお隣の方と同じ箇所である必要はありません。レッスンのなかで同じポーズを習得していても、身体の痛みや変化は個々人がそれぞれに得るものとなります。自分自身のカラダの弱っている部分を感じ取りながら、不要な力みや硬さをほぐしていきましょう。電車のなかでスマートフォンをのぞき込む時間が長いと、首や腰に大きな負担がかかっているかもしれません。長時間のデスクワークは、足のむくみにつながったり腰痛を引き起こしているかもしれません。日常生活のなかでの身体への負担を1つ1つ感じ取りながら、深く長い呼吸とともに硬くなったコリをほぐしてみましょう。自然とココロの凝りもほぐれているのを実感できるかもしれません。ヨガは、心身を整えるためのエクササイズです。心身の不調を感じる時に、日々のトレーニングの1要素としてお気軽に取り入れてみてください。

「ヨガ」自然体でいること

「ヨガ」の極意は「自然体」でもあります。皆さんが心身ともに自然な状態にいられることが、「ヨガ」のエクササイズの目指す場所でもあります。皆さん自身が生活のなかで心地が良いと感じる瞬間は、まさに自然体でいる時間ではないでしょうか。「ヨガ」を継続的に習慣化することで、常に平常心を保ち心が穏やかに過ごせるような時間が増えるとも言われております。エクササイズを行いながら、自分自身の精神や身体の状態を見直してみてください。心身のバランスの乱れを感じることはありませんか。呼吸のリズムを整えながら、自分の周囲にある存在と一体になるような感覚が自然体であるとも言われております。新型コロナウィルスの流行から、世の中の変貌に心が乱れがちな毎日を送っていらっしゃる方々が多いのではないでしょうか。心が乱れがちな現代を生きる自分の存在をありのままに受け入れながら、「ヨガ」のエクササイズなどで自然体な自分を取り戻してみてください。

「ヨード」とアカチンの関係性

皆さんは、「卵」の商品名にも使用されている「ヨード」が、栄養成分であった事をご存知でしたか?「ヨード」じゃ、「ヨウ素」などとも呼ばれ、人間になくてはならない栄養素の1つなのだそうです。なかなか、「ヨード」をメインにしたサプリメントなどをみかける事などがないので、栄養素としての認知度は低いかもしれませんが、私達人間の生命維持にとっては、大変重要な栄養素となるそうです。「ヨード」は、ミネラルの一種であるようで、人間の成長や代謝などにも多く関わりのある栄養素であるようです。また、うがい薬などにもよく使用されているようで、そういえば、「アカチン」などと一緒のくくりの消毒液として、「ヨードチンキ」が存在した事を記憶されている方はいませんか?あれがそもそもの「ヨード」を使用した商品であるようです。「うがい薬」や「ヨードチンキ」などと言われてしまうと、なんだかこんなにも、身近に「ヨード」があったとは驚きです。「ヨード」は、殺菌作用があり、多くの消毒液やうがい薬などに使用されているようです。病院の中のあの独特な匂いの正体は、もしかしたら「ヨード」なのかもしれませんね。体内では、甲状腺にその存在の多くがみられるようです。この「ヨード」の栄養成分は、成長、代謝などに関わりが深いようなのですが、最近では、出産時の母親の栄養管理において、ヨードの濃度の数値と、生まれてくる子どもの成長や発達に、深く関わりをもっているのではないかと考えられ多くの研究が行われているようです。成長期の子どもたちの神経や精神発達に関する、重要な鍵をもっている栄養素などと、注目を集めているようです。昨今、日本社会の中でも、メディアなどで大きく報道されています発達障害などの予防・改善を促す栄養素としても、研究の余地はありそうですね。今後はサプリなどとしても開発が期待できそうな栄養素です。

ニキビ肌、美肌を目指す

ニキビなどで悩む思春期に、ビタミン類のサプリメントをコレクションしていたような人はいませんか?思春期の恋シーズンには、何かと美肌が必需品であるにも関わらず、お肌が乱れる要素が多いものなのですよね。若いから肌のキメが細かい、ハリがある、血色が良いというのは、一部の若者であって、その半数の多くはは、「ニキビ肌」に悩める学生たちなのです。思春期世代は、ホルモンバランスが不安定にある事もあり、お肌の皮脂などが、過剰に出てしまうと、毛穴が詰まったり、お肌のあちこちに「ニキビ」が出現してしまうものなのです。「ニキビ」のできた顔の位置によっては、「両想い」となれるようなのですが、できれば、ニキビ肌と引き換えに妄想のなかで両想いになれても・・・ですね。最近では、美肌のためにエステに通う、学生もいるようですが、美肌をつくるためには、エステなどで毛穴を掃除してもらう事の他にも、身体にたまった汚れを排出して、体内に十分な栄養素を補強する事も大切です。最近は、カメラで撮った写真も、簡単に肌加工が出来るので、ニキビ跡などは加工修正で消す事は可能ですが、きちんとした食生活からビタミン、ミネラル補給して、リアルな美肌もめざしましょう!

食事の効果

免疫システムを活性化するためには、体温を上げなければなりません。整体や入浴など以外には食事も有効な手段として考えられますが、特に冬に何を食べれば良いのか迷う方もいらっしゃるでしょう。しかし心配する必要はありません。旬の食べ物を選択すれば、その季節に合った食事を実現することが出来ます。つまり冬の野菜は身体を温めてくれますし、夏の野菜は適度に冷やしてくれます。旬の食べ物は人間の健康に一役買っているのです。
ところが農業技術が進歩したことで、最近は「旬の野菜」という概念が薄れてきています。夏の野菜を冬に、冬の野菜を夏に生産できるようになったため、消費者としては便利なのですが、寒い季節に夏野菜を食べてしまうと、身体を冷やしてしまう恐れがあります。必要以上に体温が下がれば、免疫システムは抑制され、健康に悪影響が生じます。ですから夏野菜は暑い季節に食べるようにしましょう。但し夏であってもエアコンを使って室温を下げている時は、同じく夏野菜を避けた方が良いでしょう。エアコンで冷えた身体は温かい食べ物で労わってあげることが大切です。
旬の食べ物で免疫システムを活性化すると共に、インナーマッスルを鍛えるのも健康を増進します。筋肉にはアウターマッスルとインナーマッスルとがありますが、我々が普段意識するのはアウターマッスルで、身体の外側に付いています。インナーマッスルは内部に位置する筋肉なので、意識にのぼりにくいとされます。どちらも大切な役割を持っており、アウターマッスルは瞬発力を生み出し、インナーマッスルは持久力を供するのですが、インナーマッスルには鍛えると体温が上昇するという特徴があるため、より健康と関係していると言えます。”