「ヨード」とアカチンの関係性

皆さんは、「卵」の商品名にも使用されている「ヨード」が、栄養成分であった事をご存知でしたか?「ヨード」じゃ、「ヨウ素」などとも呼ばれ、人間になくてはならない栄養素の1つなのだそうです。なかなか、「ヨード」をメインにしたサプリメントなどをみかける事などがないので、栄養素としての認知度は低いかもしれませんが、私達人間の生命維持にとっては、大変重要な栄養素となるそうです。「ヨード」は、ミネラルの一種であるようで、人間の成長や代謝などにも多く関わりのある栄養素であるようです。また、うがい薬などにもよく使用されているようで、そういえば、「アカチン」などと一緒のくくりの消毒液として、「ヨードチンキ」が存在した事を記憶されている方はいませんか?あれがそもそもの「ヨード」を使用した商品であるようです。「うがい薬」や「ヨードチンキ」などと言われてしまうと、なんだかこんなにも、身近に「ヨード」があったとは驚きです。「ヨード」は、殺菌作用があり、多くの消毒液やうがい薬などに使用されているようです。病院の中のあの独特な匂いの正体は、もしかしたら「ヨード」なのかもしれませんね。体内では、甲状腺にその存在の多くがみられるようです。この「ヨード」の栄養成分は、成長、代謝などに関わりが深いようなのですが、最近では、出産時の母親の栄養管理において、ヨードの濃度の数値と、生まれてくる子どもの成長や発達に、深く関わりをもっているのではないかと考えられ多くの研究が行われているようです。成長期の子どもたちの神経や精神発達に関する、重要な鍵をもっている栄養素などと、注目を集めているようです。昨今、日本社会の中でも、メディアなどで大きく報道されています発達障害などの予防・改善を促す栄養素としても、研究の余地はありそうですね。今後はサプリなどとしても開発が期待できそうな栄養素です。

ニキビ肌、美肌を目指す

ニキビなどで悩む思春期に、ビタミン類のサプリメントをコレクションしていたような人はいませんか?思春期の恋シーズンには、何かと美肌が必需品であるにも関わらず、お肌が乱れる要素が多いものなのですよね。若いから肌のキメが細かい、ハリがある、血色が良いというのは、一部の若者であって、その半数の多くはは、「ニキビ肌」に悩める学生たちなのです。思春期世代は、ホルモンバランスが不安定にある事もあり、お肌の皮脂などが、過剰に出てしまうと、毛穴が詰まったり、お肌のあちこちに「ニキビ」が出現してしまうものなのです。「ニキビ」のできた顔の位置によっては、「両想い」となれるようなのですが、できれば、ニキビ肌と引き換えに妄想のなかで両想いになれても・・・ですね。最近では、美肌のためにエステに通う、学生もいるようですが、美肌をつくるためには、エステなどで毛穴を掃除してもらう事の他にも、身体にたまった汚れを排出して、体内に十分な栄養素を補強する事も大切です。最近は、カメラで撮った写真も、簡単に肌加工が出来るので、ニキビ跡などは加工修正で消す事は可能ですが、きちんとした食生活からビタミン、ミネラル補給して、リアルな美肌もめざしましょう!

食事の効果

免疫システムを活性化するためには、体温を上げなければなりません。整体や入浴など以外には食事も有効な手段として考えられますが、特に冬に何を食べれば良いのか迷う方もいらっしゃるでしょう。しかし心配する必要はありません。旬の食べ物を選択すれば、その季節に合った食事を実現することが出来ます。つまり冬の野菜は身体を温めてくれますし、夏の野菜は適度に冷やしてくれます。旬の食べ物は人間の健康に一役買っているのです。
ところが農業技術が進歩したことで、最近は「旬の野菜」という概念が薄れてきています。夏の野菜を冬に、冬の野菜を夏に生産できるようになったため、消費者としては便利なのですが、寒い季節に夏野菜を食べてしまうと、身体を冷やしてしまう恐れがあります。必要以上に体温が下がれば、免疫システムは抑制され、健康に悪影響が生じます。ですから夏野菜は暑い季節に食べるようにしましょう。但し夏であってもエアコンを使って室温を下げている時は、同じく夏野菜を避けた方が良いでしょう。エアコンで冷えた身体は温かい食べ物で労わってあげることが大切です。
旬の食べ物で免疫システムを活性化すると共に、インナーマッスルを鍛えるのも健康を増進します。筋肉にはアウターマッスルとインナーマッスルとがありますが、我々が普段意識するのはアウターマッスルで、身体の外側に付いています。インナーマッスルは内部に位置する筋肉なので、意識にのぼりにくいとされます。どちらも大切な役割を持っており、アウターマッスルは瞬発力を生み出し、インナーマッスルは持久力を供するのですが、インナーマッスルには鍛えると体温が上昇するという特徴があるため、より健康と関係していると言えます。”

にんじんジュースのレモン

野菜ジュースとして、人参や、キャベツなどのその他の野菜をを使用する際に、レモンを一緒に入れるレシピが多いのは、人参に含まれているアスコルビナーゼという酵素が、ビタミン C を分解してしまうからなのだそうです。このアスコルビナーゼという酵素は、酸性や熱に弱いので、加熱調理などをすると問題はないのですが、ジュースなどとして他の野菜と一緒にジューサーや、ミキサーにかける時は、レモンもしくは、お酢などを一緒に入れた方が良いようです。人参は、オレンジ色の実の部分だけではなく、葉っぱも召し上がっていただくことができるのはご存知でしたか?

民間療法などでは、葉っぱなどを細かく煮詰めて、うがい薬にしたり、口内炎の予防薬などとして使われていたようです。また、葉っぱを布袋などに入れ、お風呂の入浴剤などとして使われていたこともあるようです。香りも大変よく、体が温まることから、冷え性の予防や腰痛肩こりなどにも効果があるとされていたようです。 人参の品種は主に2種類あるようで、東洋種と西洋種などに分かれているようです。東洋種は濃い赤色の金時人参などが、その主な種であるようですが、一般的にスーパーなので私たちが見かける人参は、西洋種の人参であることが多いようです。人参は、日本には江戸時代の前期に伝承されたなどと言われています。

多様化するヨガ

ヨガのやり方は、もはや現代に至って多様化しており、あまり質の良くないインストラクターが事件を起こしてしまうなど、インターネットのニュースなどでも騒ぎになったこともあるのを目にしたことがあります。

万が一にも、あなた自身がそのような教室にうっかり入ってしまうと、自分自身の症状の改善が遠くなるだけでなく、ヨガに関する不信感がつのるだけですから、十分に注意しておく必要があります。

では、このような素人のようなインストラクターをどのように見分ければ良いのかと言うと、体験の段階で具体的な説明が初めにないようなところでは、そのような素人感がにじみ出てきている場合があり、すぐに見分けられるかもしれません。

また、むしろ逆に話術が巧妙で、肝心のポーズがほとんどできないという人もいるようで、このような場合にも、「何度も通って、お金を払っているが話だけを聞いて、ほとんど教えてくれない」などという声も、インターネットでは見受けられるようですので、とりわけの注意が必要です。

ちなみに、昔はヨガのインストラクターと言えば、女性が行うものというイメージがあった時代もあるようですが、近年では、男性の積極的な進出に伴い、ヨガの世界にも、従来にはなかった画期的な知識を取り入れたインストラクターも誕生しており、ヨガ熱は特に高まっているとも言えるかもしれませんね。

大まかにヨガというものについて語ってしまいましたが、ヨガというのは、元来、流派が大きく分かれているようで、一つにまとめて定義するのが非常に難しいところもあるのもまた事実であるのです。

それぞれの流派には歴史があることも多く、ポーズの取り方などが180度異なる場合もあるので、比較しながら挑戦していくのも面白いかもしれません。

「Flower like beauty」TOPへ戻る

整体とヨガ

体の痛みというのは、東洋医学的な考え方をすれば、体や心の乱れが、節々の痛みとなって出てくる、という考え方が基本にあるようですから、十分な注意が必要と言えるかもしれません。

結局のところ整体やヨガの基本というのは、普段自分では揉みほぐすことができない筋肉の深層に、強い刺激を与えることで、血流の促進を促すことと、生活を見直して体や心の調子を整えることが基本なわけですから、丁寧な施術によって血行の促進が起これば様々な症状が改善する可能性は、全くないわけではありません。

また、インターネットや、情報雑誌などで、非常によく言われることのようですが、あなたがコリを感じている場所とは全く異なる場所を、施術師が治療する場合もあります。それは、局所的なコリ自体をとるだけでは改善する見込みがないために、別の場所も治療して改善をうながしているということが考えられるのです。そのような場合、例えばあなたが右の肩の痛みを訴えたことに対して背中を治療するなど足の痛みに対して腰を治療するなど、施術のパターンは様々のようですから、あまり心配をしなくても良いのかもしれません 。

整体では、整体師による施術と一緒に長期的な計画を立てて、身体全体が楽になるように持っていくのが施術の基本のベースにあるとすれば、急な症状の改善に向いていないというのはもう十分におわかりいただけているのではないでしょうか?

しかし残念ながら、最近では、整体院の中でも「全くの素人」がもうけを得るために運営するものや、ほとんど研修を受けないままに整体師として雇われた人が、孫の肩もみのような形で雑に施術を行っているという例が見受けられるようで問題になりつつあるようです。

「Flower like beauty」TOPへ戻る

ホメオスタンス

人であれば、生まれながらに自然治癒力というものが備わっているということを、一度は耳にしたこともあるのではないでしょうか。これは、軽い怪我などをした時に、数日経てばもと通りに治っているということや、風邪をひいた時に発熱して菌と戦うことなどが挙げられるでしょう。この自然治癒力というのは、ホメオスタンスという仕組みで働いていると言われているようです。自然治癒力と違い、初めて耳にするという人も多いかもしれませんが、このホメオスタシスの意味は「恒常性」であり、どんな生物でも持っている、環境変化に対応するため、生体内を一定に保つと言った仕組みのことを指していると言えるでしょう。端的に説明するならば、夏に汗をかいて体温を下げる働きや、冬に体を震わして熱を発生させようとする働きのことと言えるでしょう。このように、普段自然と反応を引き起こしていて気付かない「恒常性」の働きにより、私たち生物の身体は一定に保たれているといえるでしょう。反対に、自然治癒力の働きが良くない状態というのは、生物にとっては不自然な状態と言えるでしょう。恒常性が保てなくなると言った場合、大きな原因として「ストレス」というものが挙げられるの出はないでしょうか。生きていく上で、ストレスというのは切っても切り離せないものではありますが、自然治癒力が下がってしまうほどのストレスをためてしまうのは異常とも言えるでしょう。病院などに行くのも良いですが、薬などのアプローチが嫌な方は、是非「身体からのアプローチ」を考えてみてはいかがでしょうか。ヨガやカイロプラクティックの施術というアプローチは、意外にも近年注目されているようです。心身のバランスを考えなければならない現代社会、是非生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

「Flower like beauty」TOPへ戻る