にんじんジュースのレモン

野菜ジュースとして、人参や、キャベツなどのその他の野菜をを使用する際に、レモンを一緒に入れるレシピが多いのは、人参に含まれているアスコルビナーゼという酵素が、ビタミン C を分解してしまうからなのだそうです。このアスコルビナーゼという酵素は、酸性や熱に弱いので、加熱調理などをすると問題はないのですが、ジュースなどとして他の野菜と一緒にジューサーや、ミキサーにかける時は、レモンもしくは、お酢などを一緒に入れた方が良いようです。人参は、オレンジ色の実の部分だけではなく、葉っぱも召し上がっていただくことができるのはご存知でしたか?

民間療法などでは、葉っぱなどを細かく煮詰めて、うがい薬にしたり、口内炎の予防薬などとして使われていたようです。また、葉っぱを布袋などに入れ、お風呂の入浴剤などとして使われていたこともあるようです。香りも大変よく、体が温まることから、冷え性の予防や腰痛肩こりなどにも効果があるとされていたようです。 人参の品種は主に2種類あるようで、東洋種と西洋種などに分かれているようです。東洋種は濃い赤色の金時人参などが、その主な種であるようですが、一般的にスーパーなので私たちが見かける人参は、西洋種の人参であることが多いようです。人参は、日本には江戸時代の前期に伝承されたなどと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です