「ヨード」とアカチンの関係性

皆さんは、「卵」の商品名にも使用されている「ヨード」が、栄養成分であった事をご存知でしたか?「ヨード」じゃ、「ヨウ素」などとも呼ばれ、人間になくてはならない栄養素の1つなのだそうです。なかなか、「ヨード」をメインにしたサプリメントなどをみかける事などがないので、栄養素としての認知度は低いかもしれませんが、私達人間の生命維持にとっては、大変重要な栄養素となるそうです。「ヨード」は、ミネラルの一種であるようで、人間の成長や代謝などにも多く関わりのある栄養素であるようです。また、うがい薬などにもよく使用されているようで、そういえば、「アカチン」などと一緒のくくりの消毒液として、「ヨードチンキ」が存在した事を記憶されている方はいませんか?あれがそもそもの「ヨード」を使用した商品であるようです。「うがい薬」や「ヨードチンキ」などと言われてしまうと、なんだかこんなにも、身近に「ヨード」があったとは驚きです。「ヨード」は、殺菌作用があり、多くの消毒液やうがい薬などに使用されているようです。病院の中のあの独特な匂いの正体は、もしかしたら「ヨード」なのかもしれませんね。体内では、甲状腺にその存在の多くがみられるようです。この「ヨード」の栄養成分は、成長、代謝などに関わりが深いようなのですが、最近では、出産時の母親の栄養管理において、ヨードの濃度の数値と、生まれてくる子どもの成長や発達に、深く関わりをもっているのではないかと考えられ多くの研究が行われているようです。成長期の子どもたちの神経や精神発達に関する、重要な鍵をもっている栄養素などと、注目を集めているようです。昨今、日本社会の中でも、メディアなどで大きく報道されています発達障害などの予防・改善を促す栄養素としても、研究の余地はありそうですね。今後はサプリなどとしても開発が期待できそうな栄養素です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です