綺麗な立ち方

立つ際はお尻などもつき出てしまわないように、肛門に力を入れ引き締めるような形で、直立してみましょう。

正しい姿勢でいることというのは、やはり意識しなければ難しい面もありますので、日頃からそのような意識づけを行っておくことで、無意識に行動をしている時の姿勢が、常に正しい姿勢を常に保つことができるというような訓練を行うことです。姿勢が悪い方も。正しい姿勢で動作を行うことができるクセをつけましょう。

現在、姿勢の悪い方は、姿勢の悪い立ち方座り方が、クセとなっているのかもしれません。また、自分の意識だけでは、姿勢を正すことが難しい方などもいます。

肩こりや、腰痛などが長く続くようであれば、身体的なバランスに何か問題が起きている可能性もありますので、不安な方は、専門的な外来の受信などを行ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です