「ストレスのすすめ」

最近、「ストレスのすすめ」といったような特集を目に致しました。日頃から、多くのストレスを感じている人達は、どうしても不安やストレスを避けがちですが、ストレスは、意識すればするほど、かえって強く意識してしまい、その圧力が、さらに自律神経の乱れなどを招いているそうなのです。

ストレスを軽減するためには、ストレスにきちんと向かい合い、そこで、あえて、ストレスを感じ、ストレスをじぶんなりに受け止めることで、ストレスの重圧が弱まるのだそうです。人間は、ストレスを感じますと、全身の筋肉が緊張し、その緊張感が肩こりや、首のこり、腰痛などの体調不良として現れてくることが多いのだそうです。

ストレスは、自律神経のバランスを崩すなどと言われていますが、かえってストレスから逃げてしまうことで、自律神経の乱れを招いてしまうようなのです。自律神経のバランスを整えるためには、あえてストレスに向かい合い、その重圧を軽減する必要があるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です