お休み前の準備を考えよう

腰痛などの体調不良を慢性的に抱えている患者さんの睡眠の質は、低下傾向にあると考える専門家たちもいるようです。実際には慢性的な体調不良を抱え込まないような質の良い睡眠とはどのようなものになるのでしょう。

そこで皆さんが毎日の生活のスケジュールのなかで、お休み前に行っているルーティーンなるものを思い出してみましょう。何時ころに夕飯を済ませて、何時ころにお風呂に入り、就寝の準備をなさいますでしょうか。

さらにはお部屋の状況として照明の明るさやお部屋の温度などを思い浮かべてみましょう。またお風呂に入られる際のお湯の温度の設定は何度になさっていらっしゃいますでしょう。良い睡眠で慢性的な体調不良をリセットするためには、就寝前の準備がポイントとなるとも言われているようなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です